>

リフォーム予算の決め方

気がつきにくい点

リフォーム会社にプランからお願いしたら、気がつきにくい点が見つかり、予算が膨らんでしまうということもあるようです。

リフォームプランで、一軒丸ごとリフォームを謳っている会社もあるそうです。
そうしたプランには、普段あまり気付きもしない、大局的な工事が含まれることも多いようです。

例えば、壁材。
冬の寒い日に、浴場あたりの温度差で心筋梗塞を起こしてしまう、ヒートショック。
それを防ぐには壁材を見直し、断熱効果を高めることがかなり有効なようです。

またサッシを見直し、結露やカビを軽減することで、アレルギー対策にもなります。

大局的、長期的に考えれば、その時予算が膨らんだとしても、検討の余地はありそうです。
一軒丸ごとリフォームは、丸ごとなぶん、料金設定もお得になっているようです。

予算はどうやって決めればよい?

リフォームのサイトや、工事の優先順位など具体例を挙げながら、まとめてみました。

リフォームの予算は、事前に決めておくほうがよいようです。
予算の中で、どう配分出来るか考えられるからです。
考え方によっては、リフォームのローン商品もあるそうです。

サイトを観て比較検討した後に、リフォーム会社にプランを提案してもらいます。
時には白アリが見つかるなど、驚きながら助かったと、思うこともあるかもしれません。

そしてプランを基に、予算を決めていきます。
決める基準は、まとめれば我慢できないことを最優先に、そして自分がどのようなリフォームをしたいのかの方向性から優先順位を振っていきます。

リフォームをお考えの方の、少しでも参考になれましたら幸いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る