>

優先順位を決める

優先順位

リフォームの予算を考えるとき、限られた金額の中からやりくりするのに、優先順位を決めておくと便利です。
決め方には、いくつかポイントがあります。

まずは、修繕とも言い換えられますが、絶対にやらなければ支障をきたしてしまう部分は、優先順位が高くなります。
例えば雨漏りがひどい等は、こういった部分に当てはまるかもしれません。

もうひとつは、修繕の範囲でちょこちょこやっていくと、かえって料金が高くつきそうな部分です。
ある時期に思い切ってオーバーホールくらいにしたほうが、結局安上がりだったりします。
例えば壁や基礎の見直し等で、耐震基準を満たしているかの確認をしてみるのは、どうでしょうか。
耐震基準は、大きな地震の度に改正しているので、チェックが重要です。

力を入れる部分と入れない部分

また、リフォームした後の満足度という角度からすると、まんべんなくリフォームしようとするのは、あまり満足度が高くないようです。
リフォームの、力を入れる部分と、そうでもない部分を作って、メリハリをつけたほうが良いようです。
一点豪華主義、とも言えるでしょうか。
何となく、気持ちは解るような気もします。
力を入れない部分では、できれば会社に頼まず、DIYで努力もいいかもしれません。

リフォーム会社は専門家であり、コストダウンの方法も心得ているので、時には教えてもらいながら、生活のストレスの少ない予算を立てていきましょう。
優先順位を決めるポイントのもうひとつは、順位を下げると、生活のストレスが溜まりやすい部分かどうかです。



この記事をシェアする
TOPへ戻る